Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/web07/0/7/0215070/www.progicsystem-hldg.com/corp/wp-content/themes/lotus_tcd039/functions/repeater.php on line 72
UZBEKISTAN | Progic System co.ltd.

UZBEKISTAN

古くて常に新しいウズベキスタン

私共は平和のオアシス、古代と現代が出会う場所、偉大なシルクロードの真ん中に位置するウズベキスタンという国。ウズベキスタン共和国(ウズベキスタンきょうわこく、ウズベク語: Oʻzbekiston Respublikasi)、通称ウズベキスタンは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和国。首都はタシュケント(タシケント)。
 北と西にカザフスタン、南にトルクメニスタンとアフガニスタン、東でタジキスタン、キルギスと接する。国土の西部はカラカルパクスタン共和国として自治を行っており、東部のフェルガナ盆地はタジキスタン、キルギスと国境が入り組んでいる。
 国境を最低2回越えないと海に達することができない、いわゆる「二重内陸国」の1つである。ウズベキスタンは中央アジアに位置しており、全国土面積は447,400km2である。この国土面積は世界55位であり、人口は世界第42位である[3]。CIS諸国のあいだでは、全面積は第5位、人口は第3位となっている。ウズベキスタンは北緯37度から46度、東経56度から74度の地域に存在している。東西の距離は1425km、南北の距離は930kmである。北および北西地域はカザフスタンとの国境とアラル海に、南西部分はトルクメニスタンとの国境に、南東部分はタジキスタンとの国境に、北東部分はキルギスとの国境に接している。ウズベキスタンは中央アジアでも有数の面積を持つ国家であり、他の4国すべてと国境を接する唯一の国家でもある。このほか、ウズベキスタンは南部150kmに渡りアフガニスタンと国境を接している。ウズベキスタンは乾燥した内陸国である。ウズベキスタンは世界に2つしか無い二重内陸国(もう一つはリヒテンシュタイン)であり、海へとでるためには国を2つ越える必要がある。加えて、内陸国の河川流域という特性上、海へと直接つながっている国内河川はなく、領土の10%にも満たない灌漑農業用地や河川流域のオアシスに似た土地で集中的に農業が行われている。残りの領土は広大な砂漠(キジルクム砂漠)と険しい山々で占められる。

ウズベキスタンでしか味わえない美味しさ

 ウズベキスタン料理は国内の農業に大きな影響を受けている。ウズベキスタンでは穀物の収穫高が多いことから、パンや麺はウズベキスタン料理において重要な地位を占めており、時に「ヌードル・リッチ(noodle rich、麺が豊富)」と形容されることがある。羊肉はウズベキスタン国内でヒツジの放牧が盛んであることから一般的に販売されている肉であり、様々なウズベキスタン料理に使用されている。
ウズベキスタンの国民食はプロフ(パラフ、パラウ、オシュとも呼ぶ)であり、米、肉、ニンジンやタマネギなどの野菜を使用して作るピラフに似た料理で、主菜として供される。オシ・ナハルは通常午前6時から9時までに提供される朝のプロフであり、結婚式などの慶事の際には集まった客の分まで大量に作られる。他に有名なウズベキスタン料理としては以下のようなものがある。シュルパ(シュルヴァやシャルヴァとも呼ばれる)は脂肪の多い肉(通常羊肉を用いる)の大きな塊と新鮮な野菜から作るスープである。ナリン(英語版)やラグマンは麺料理であり、スープとしても主菜としても出されることがある。マンティやチュチュヴァラ(英語版)、サムサは小麦粉で作った生地に肉などの具を詰めた後、蒸す、焼く、揚げるなどした餃子に近い料理である。肉と野菜のシチューに近いディムラマや様々なカバブは通常主菜として供される。
緑茶は一日を通じ飲まれることが多いウズベキスタンの国民的な飲料である。緑茶を提供する喫茶店(チャイハナ)は文化的にも重要な位置づけにある。他にもタシュケント付近では黒茶などの茶が出されることも多いが、緑茶や黒茶に牛乳や砂糖を入れて飲むようなことはしない。茶は必ず食事とともに提供されるが、ホスピタリティの一環として、客を招いた際には必ず緑茶もしくは黒茶を出す習慣がある。冷たいヨーグルト飲料であるアイランは夏季には人気があるものの、茶にかわる地位は獲得していない。
イスラム教信仰者が多いことも有りアルコールの摂取は西洋ほど進んでいないものの、ワインは比較的にムスリムの間で人気がある。ウズベキスタン国内には14のワイナリーがあり、国内最古かつ最も有名なワイナリーであるサマルカンド・ワイナリー(ハブレンコ・ワイナリー(Khovrenko Winery))はサマルカンドで1868年に操業を開始した[73]。サマルカンドのワイナリーではグリャカンダス(Gulyakandoz)、シリン、アレアティコ、カベルネ・リカノー(Kabernet likernoe)など、地方のブドウを使用した様々な種類のデザートワインを生産している。ほかにも、バギザカン、スルタンなどのブランドがあり、ドライタイプのものも近年日本にも輸入されるようになった。 ウズベキスタンのワインはロシアをはじめとするNIS諸国に輸出されているほか、国際的な賞も受賞している。

PAGE TOP